小学生・中学生・高校生のパソコン教室アビバキッズは、パソコン学習サポートを通して子ども達の夢を叶えます。

メニュー

電話番号 0120-77-8088

  • 無料体験
  • 資料請求

お客様の声一覧 卒業生

アビバキッズで受講されているお子さまの生の声をインタビューしました。

アビバキッズを受講されたお客様の声をご紹介いたします

とても豊かで充実した毎日を送っています

お名前
黒川 博
受講教室
羽鳥教室
現在の状況
現在は農家さんと市場を繋ぐデバイス的な仕事をしています。ホームページや、サイトマップ、メニューなどの作成から農家さんに出向いて取材をしたり、日本にとどまらず海外も飛び回る毎日です。
パソコンスキルの活用状況
アビバキッズに通って良かったこと。 僕の場合、小学校の頃から通っていたので習った事はスポンジのように直ぐに身につける事ができました。今思えば小さい頃から学ぶことが重要だったのかもしれません。ブラインドタッチを習得しながら、並行的にワードとエクセル、パワーポイントの学習ができたので、この時点で商業高校でやるカリキュラムはほとんど終了していました。おかげで学生時代はゆとりをもって色んなことに時間を使えました。(検定取得など)
今後の目標・予定
ウェブデザインやグラフィックのスキルを高めて、情報をより多くの人に広めたいです。
在校生やこれから始めようか検討中の方へのメッセージ
アビバキッズとの出会いがなければ今の自分はありません。毎パソや5分間入力、グランプリに参加することでライバルと切磋琢磨しながら競うこともできたので、競争する大切さや勝った時の喜び、負けた悔しい気持ちも味わうこともできました。またパソコングランプリでのパワーポイントの発表すべてが自分の力になっており、またとても大事な思い出です。今では社会人としてパソコンを毎日使っています。今の仕事で発揮できているすべては、ただ、アビバキッズで過去に習ったことが全て活かされているので、作業効率は他の人より抜きん出ています。とても豊かで充実した毎日を送っています。

習得した技術を忘れないようにしたい

お名前
矢口大地
受講教室
須走教室
現在の状況
大阪大学 外国語学部 タイ語専攻
パソコンスキルの活用状況
大学でのレポートの作成や、パワーポイントを使ってのスライドの作成がスムーズにできており、習っていて良かったと思っています。大学生活で課題も多い中、作業時間を短縮するのに役立っています。また、様々な機能を知ったことにより他人のスライドやレポートとの差を生みだすことができています。
今後の目標・予定
パソコンを操作する技術は大学生活のみならず、卒業後就職した後でも社会で必要とされる技術なので、日々習得した技術を使い習得した技術を忘れないようにしたいです。
在校生やこれから始めようか検討中の方へのメッセージ
在校生へ:自分の打数がなかなか伸びなかったり、検定で取りたい級がなかなか取れなかったりすることがありますが、それでも諦めず続けて努力することが大切です。努力したことは後に必ず役立ちます。 始めようとしている方へ:パソコンができるようになるとそれを利用した作業をとてもスムーズに行うことができます。作業時間の短縮によって他方面へ時間を回すことができ、生活を変えることができます。パソコンスキルの習得によって得られる変化を多くの人に体験してほしいです。

将来はパソコン教室を開いてみたい

お名前
只井 美月(ただい みづき)
受講教室
藤枝高洲教室
現在の状況
病院で看護師として勤務
パソコンスキルの活用状況
入力、基本操作が今の職場で役立っています。 入力はブラインドタッチができているので、入力速度も速く倍以上の速さで資料を作ることが出ています。院内のお知らせ・ポスター等も普通に作ることができ、重宝されています。
今後の目標・予定
在籍中ではまだ、現在ほどのプレゼンの学習がありませんでした。パワーポイントは職場で資料作りなどをする上で絶対と言っていいほど必要になっているので、もう少しレベルの高い操作方法を学びたいと思います。 Excel・Wordでの文書作成は得意だが、パソコン本体の機械的な部分が苦手なので学びたいと思います。 そして、将来は習得した技術を活かし、パソコン教室を開いてみたいとも思います。
在校生やこれから始めようか検討中の方へのメッセージ
パソコンを習っていない人でも、今の時代、どんな方もある程度は入力も文章作成もできます。 ただ、基礎が備わっていない方は、仕上がりに時間がかかったり、体裁が整っていない文書を作成することが多いように感じます。 しかし、基礎ができている人は、入力も早く、文章作成も短時間できれいなものが仕上がります。インターネットで「検索できる」から「パソコンができる」ではないと思います。やはり、基礎は大事、ブラインドタッチが出来るとできないとでは、上司からの注目度が違います。できる感をアピールするためにも基礎は学んだほうがいいです。 英語と同じく必要な情報技術。わが子にも絶対パソコンは基礎からしっかり学ばせたいと思います。

続けて良かった!と思う日が必ずやってくる

お名前
中谷 詠里
受講教室
魚住南教室
現在の状況
事業内容:包装材関係の商社 職種:営業 仕事の役割:お客様(企業)に向けて包装資材等の提案営業及び受発注対応
パソコンスキルの活用状況
何といっても事務作業の効率化が図れることです。特に今の仕事の場合、日中はほぼ外回りのため夕方頃に会社に帰ってきてから見積書作成や受発注データの管理といった事務作業をすることになります。つまり、ExcelやWordをきちんと使いこなせなければ、それだけ時間がかかり結果的に残業をすることになってしまうのです。私は社会人1年目の新人なので業務についてはまだ分からないことだらけですが、幸いなことに事務作業の処理能力に関しては問題ないと先輩方にも太鼓判を押していただきました。文字を打つスピードが速い、Excelの関数を自在に使えるなど、教室では出来ていても普通だったことが、社会に出てからは「とても役に立つ」ことに変わりました。
今後の目標・予定
社内で使われている資料の中には、過去の担当者がそれぞれ資料を作っているため書式もバラバラで使いにくく、後任の者が毎回新しく作り直すという悪循環に陥っているものもあります。それらを誰でも簡単に使いこなせる統一した書式にすることで、より事務作業の効率化を図ることが今後の目標です。
在校生やこれから始めようか検討中の方へのメッセージ
今の時代どんな会社であってもパソコンを必ず使いますし、そこも費やす時間もますます増えています。「必要になったら習えばいい」と思われる方もいるかもしれませんが、その時はいつやってくるかは分かりません。もちろん仕事でも学校の宿題でもやるべきことは常に1つではないので、必要になってから慌てるのではなく今から始めることをおすすめします。在校生の皆さん、パソコンやそこに入っているソフトは日々新しいものが出ています。今やっていることが無駄になることはありませんが、勉強を止めてしまってはあっという間に置いていかれてしまいます。続けて良かった!と思う日が必ずやってくるので是非継続してください。

社会人になったときに全く苦労せずに済んだ

お名前
鳥居 潤
受講教室
安城西部教室
現在の状況
安城市役所 事務職
パソコンスキルの活用状況
良かったこととしては仕事中Wordで文章を速く入力できるようになったことや Excelで思うように表やグラフを作成できるようになったこと等色々とありますが 一番は、教室に通って『パソコンを使うことに慣れた』ことです。日常的に パソコンを使う社会人になったときに全く苦労せずに済んだことかと思います。
今後の目標・予定
Word、Excel、Powerpoint以外に仕事上で使用するAccessも習得していきたいと思います。
在校生やこれから始めようか検討中の方へのメッセージ
自分も最初は勧められるがままに習い始めましたが、しっかりと教えてもらうことで日に日に文字が速く打てるようになったり、新しいことができるようになったりと上達していることが実感でき、楽しく習うことができました。 大人になってから仕事をしながら覚えるのはとても大変なので、吸収が速い今のうちからがお勧めです。

目標をクリアする達成感も養える

お名前
秋丸 慎太郎
受講教室
中野教室
現在の状況
琉球大学、医学部、医学科4年次
パソコンスキルの活用状況
教室を卒業した後に最も良かったと実感することはやはり文字入力の速度が格段に上達したことです。大学で論文やレポートを提出するときなどに限られた時間でたくさんの文字を打たなければならない状況がしばしば発生します。文字入力はパソコンを使用するうえでほぼ必須事項だと痛感し、教室で上達したことにとても感謝しています。 次点としてWord、Excel、Power Pointの基本的な操作方法の習得なども大変役にたちました。 大学では小中高校とは違って自分の考えや調べた内容をプレゼンテーションしなければならない機会が格段に多いです。 その点でもPowerPointの基本操作を習得できたのはとても大きいです。自分はMicrosoft Office Specialist Excelを取得しましたが、その点でPowerPointも取得しておけばなあ、と若干思いました。加えて、PowerPointに本格的に触れたのが高校に上がってからということもありますが、PowerPointを利用して自分の考えなどを発表するプレゼンテーションスキルももう少し磨けたらなおよかったかなと思いました。
今後の目標・予定
今後は医師国家試験合格に向けて日々勉強していく所存です。現在ほぼすべての病院が電子カルテを導入しているので、素早いタイピングの習得は非常に役立つかとおもいます。
在校生やこれから始めようか検討中の方へのメッセージ
より高度なパソコンスキルが要求されている現代において大学進学以前からパソコンスクールに通うのは、自分の経験から非常に有意義だと実感しています。知人にもタイピングが我流になっていてあまり速く打てない人もちらほら見かけられます。 独学で学ぶよりも、精巧なカリキュラムと確立されたメソッドのもとでパソコンスキルを学ぶほうが失敗しないし時間効率的にも良いです。 個々に合った検定合格という明確なゴールも設定してもらえるので、学習の進捗状況が手に取るようにわかります。さらに、目標をクリアする達成感も養えるので子供の習い事にパソコンスクールはオススメだと思います。

決して無駄になりません

お名前
石山 利恵
受講教室
国分寺第一教室
現在の状況
・認可外保育施設(現在):総務 ・音楽教室(過去):受付事務
パソコンスキルの活用状況
ワード:保護者向けお知らせ、ミーティング資料作成、簡単なパンフレット作成 エクセル:シフト表作成、ミーティング資料作成 パワーポイント:施設紹介、企画プレゼン
今後の目標・予定
少しでも、素早く、分かりやすい資料、お知らせを作る。
在校生やこれから始めようか検討中の方へのメッセージ
社会人に必要なスキルです。入社し、仕事に慣れていかなければいけない時に、ワード、エクセル等の勉強をする時間を作り、覚えることは大変です。 物事を効率良く進め、他人に分かりやすく伝えるスキルも、身に付きます。 決して無駄になりませんので、是非始めてみてください。

様々なことで家族や友人からたくさん頼られるように

お名前
長谷川 龍
受講教室
藤枝高洲教室
現在の状況
職種:システム開発 事業内容:デジタル複合機(オフィス向けコピー機)の開発 仕事の役割:コピー機のプログラムの設計~試験を担当
パソコンスキルの活用状況
・習っていて良かったこと Word、Excelの使い方だけでなくパソコンにかかわる様々なことで家族や友人からたくさん頼られるようになりました。 知人のパソコンの困り事を解決したときに「頼ってよかった!ありがとう!」とお礼を言われることがとても嬉しく感じます。 ・もっと習っておけば良かったこと PowerPointによる資料作成とその資料を使ったプレゼンテーション能力を身に付けたかったです。 今自分が担当している仕事は、自分が作成したプログラムがどういうものなのかをお客様に説明することが多いため、人目見ただけで「ああ、こういうことができるプログラムなんだな」と理解してもらえる能力を今もなお勉強中です。 ・現在どのような形で習ったことが生かされているか Wordは文章を作成するだけではなく、図や絵を使って自分が作成したプログラムがどんな流れで動いているかをわかりやすく表現する資料を作成するように活用しています。 Excelは計算やグラフを使った資料を作るだけでなく、作成するプログラムの中でも手でキーボードで書かなくても良いような部分を特定して、自動的にプログラムを作り出せるツールとして活用しています。
今後の目標・予定
目標は仕事のプログラムをより良いものに仕上げることもそうですが、何よりも自分の今している作業がどういうものなのかきちんと理解して、仕事の上司やお客様に向けてわかりやすく伝えられるようになることです。 例えば機械のある機能をプログラムで作って、仕事のお客様に説明して見せたときに、「おおっ!このプログラムで機械のこの機能がもっとよくなるんだ!」とハッキリ伝われば、仕事がスムーズに進んでプログラムの完成が早まるだけでなく、お客様から「次の仕事もぜひお願いしたい!」と信頼してもらえるようになるので、プライベートだけでなく仕事でも頼ってもらえるような人間になること。それが今の自分の目標です。
在校生やこれから始めようか検討中の方へのメッセージ
パソコンは習えば習うほどこれからの勉強や仕事で必ず役に立ってきます。 もちろん勉強や仕事だけではなく、自分の趣味にパソコンを使うことで自分の趣味を幅広くして、より自分の生活を楽しいものに変えていくことができるようになります。 (最近だとお料理のレシピをパソコンで調べて実際に作ったりする人なんかもいたりします。) ぜひパソコンをマスターして未来の自分の夢を叶えることに役立ててください!応援しています!

「なりたい将来像」を実現するきっかけ

お名前
小池 昌裕
受講教室
北山台教室
現在の状況
教育関係の出版社で、営業をしています。全国各地の学校を訪問し、本のPRなどを行っています。みなさんも弊社の教材をお使いになっているかもしれません。
パソコンスキルの活用状況
タッチタイピングができることと、Powerpointを学んだことは、今仕事をするうえで大いに役立っています。 タッチタイピングができるのとできないのとでは作業効率に大きな差が出ます。このスキルを身につければ、きっとその違いに驚かれることでしょう。 PowerPointは、単なるプレゼンテーションだけではなく、電子黒板向けのソフトウェアを作るための媒体として活用しています。日々新たな発見があり、PowerPointのさらなるポテンシャルを見出すことに、喜びを感じています。 アビバキッズの全国大会を機に始めたPowerPointが、まさか社会人になってここまで活用できるとは、学び始めた頃にはまったく想像もつきませんでした。
今後の目標・予定
実はこれだけPowerPointを活用しているにもかかわらず、アビバキッズ在学中にMOSのなかで唯一PowerPointだけ取り損ねてしまいました。目先の目標はこれを近いうちに取得することです。MOSの学習を通じて、新しい知識や機能を学び、新たな教材づくりに役立てたいと思います。
在校生やこれから始めようか検討中の方へのメッセージ
みなさん、将来はどんな自分になりたいですか?海外で活躍したい、専門知識を生かせる仕事をしたい、人の役に立ちたい・・・。いろいろあると思います。 パソコンを学ぶことは、みなさんの「なりたい将来像」を実現するきっかけに繋がると思います。あくまでもパソコンは道具。活用できるようになれば、さらに多くの道が拓けると思います。パソコンスキルを身につけて、可能性を広げましょう!

無料体験・資料請求はこちらから

TEL0120-77-8088月~金10:00~21:00/土日祝10:00~17:00